www.biggestairhole.com

-

-

クルマを売るときや、そして車両の買い取り時もどちらも印鑑証明が必要になります。この印鑑証明について解説していきます。印鑑証明書とは、実印であるということを実証する目的の書面です。印鑑証明書がない場合には使っている印鑑が実印として効力を持つということがわかりません。大金が動く取引になる車両の売却のため、必然的に実印が必要ですが、それとセットで印鑑証明という書類が必要となるのです。印鑑証明という書類をつくるためには事前に印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。書類に登録する印は普通、実印と呼ばれていて、同じものが二つとない判子でなくてはなりません。実印を準備して自分が住む役場の窓口へ出向けば、印鑑登録をすることができます。手続きが済むと、印鑑登録カードを発行してもらえて、登録した印鑑は実印になったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには、市役所などの窓口へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を埋めて印鑑登録カードを持って行くだけです。さらに、自動交付機で印鑑証明の書類を交付することができます。印鑑証明そのものには有効期限などはありません。そのため、どれだけ前の印鑑証明であろうが証明書としての効力はあるのです。ですが、クルマ買取の時は必須条件として三ヶ月以内に発行されたものとされています。基本的には期限を定める必要はないですが中古車の売却時には店側が期限を教えてくれるので、もし車の売却を検討しているなら最初に用意しておくとスムーズに進みます。

Copyright © 2000 www.biggestairhole.com All Rights Reserved.